輪行旅|注意事項

輪行旅 | 注意事項

輪行時

@輪行する際は必ず、はみ出ないように輪行袋に収納する必要があります。
※ハンドルの一部が出るなどはNGです。

 

<−−−−−−ここに写真を入れるーーーーーーー>

 

A輪行は電車を利用するもので基本的にはバスはNG。但し、東北では電車の通行出来なくなった区画をバスが代わりに走るBRTは自転車乗せは可能で2度程乗せました。バスに乗せる際は電車と違いかなり揺れます。自転車が倒れないように輪行袋の肩掛け部分を利用して手すりに固定しましょう。

 

B電車に乗る際は、基本的に最後尾の列車の最後尾に自転車を置きます。基本的に最後尾の部分には掴まるところがあるので肩掛け部分を掴まるところに固定します。

 

 

走行時

@自転車走行中の段差に差し掛かった場合、タイヤに対して直角であれば少しタイヤを浮かす感じで走行でしますが一般道路から歩道に上がる場合、段差がタイヤにほぼ並行しているのであれば最徐行して上がるようにしてください。勢いよく上がるとタイヤが接地できず乗り上げられない状態に陥り転倒のおそれがあります。
何度か転びそうになりました・・・注意です!

 

 

雨天時

・リュックは防水でないため、雨の日はリュックを背負ってからカッパを着ます。夏場はカッパを着てもカッパの中は汗で濡れます。